スタッフブログ

2018.02.05

ウントゥイ


長期休みを利用して、ロシア連邦を構成する共和国の1つであるブリヤート共和国に行ってきました。ブリヤート共和国はモンゴルの北、バイカル湖の南に位置しており、ブリヤート人が多く暮らしています。ブリヤート人は日本人のルーツのひとつとも言われており、よく似た顔立ちをしていました。
 
ブリヤート共和国の首都・ウランウデのシンボルであるレーニン像
 

今回の旅行でブリヤートの名産品であるウントゥイに出会い興味を引かれたので紹介させていただきます。
ウントゥイとは……トナカイのすねの毛皮で作られたブーツです。
 
 

ブリヤートは-40℃にもなる極寒の地で、私が訪れた時も-30℃~-20℃を行き来していて、富良野に慣れた私でも外にいると常に震えるような状況でした。そのような状況でウントゥイの存在を知り、買ってしまいました。
外側はトナカイの毛皮、内側は羊の毛でできています。私が今まで履いてきた靴の中で一番暖かく、見た目よりずっと軽いです。
このトナカイブーツですがブリヤート人の間で大流行しており、町を歩いていると履いている人を至る所で見かけました。
 
 

ロシアでは、このブーツやロシア帽のような毛皮を使った衣服が日常生活で多くの人に使われているので、同じ寒い地域に住んでいる身として、見習えることがあるのではないかと感じました。
 
フィールド 辻 穣
 
 
 
2018.02.05 | リンク用URL