スタッフブログ

2018.06.16

クレープ会

先日、会社の同僚とクレープ会をしました。
 
ずーっっっと持っていて使っていなかったホットプレートを
ようやく使うことができました。
 
クレープがメインの会になったのは、、、
もともと、好きだったのもありますが、今年に入ってから食べる機会が多く、
自分でつくってみたくなり。
わたしが小さい頃はスイーツとしてのクレープしか記憶にないのですが、
今では「お食事系クレープ」という言葉があるほど、ソーセージやスモークサーモン、
ハンバーグなどのフィリングが入っているクレープがレギュラーメニューに多く見受けられるようになりました。
 
こちらは、一番最初に焼いた生地です。こけしの箸置きとツーショット写真です。
 
 
ホットプレートが楕円型のため、自ずと生地も楕円に、、、
初めてにしては、まあまあでしょうか、、、笑
 
生地を焼くのが楽しすぎて、生地の広げ方など焼く度に変えて、食べることよりも
焼く側を楽しんでいました。
ようやく終わりの頃にはかなり慣れてきて、焼き目がそれっぽくなってきました。
 
 
 
用意したフィリングは、食事系のものが多くて、同僚手作りのルッコラのサラダ、
セロリとトマトのピクルス、鶏肉とアボガドのサラダ、ブロッコリーとアンチョビの炒め物などなど。
 
手作りピクルスのセロリは手が止まらないおいしさでした。
また何より、ルッコラが万能で、どのフィリングと合わせても、
いいアクセントになってくれて、用意してくれた同僚に感謝です。
 
そしてクレープを食べ終わったあと…たこ焼きパーティーに移行。笑
ホットプレートがたこ焼き器にもなる2wayタイプで、同僚の家にタコがあり、
山芋もあったのです…
やるしかないと。笑
 

 
 
焼いてる様子。こけしとともに。
山芋ありとなしの生地両方を食べたのですが、ありの方が断然おいしかったです。
 
クレープもたこ焼きもおいしくて、気づけばワインのボトルが3本空いていました。
普段、全然お酒を飲まないわたしですが、昼から始めたこともあり、約1本分飲んでいたようです。
 
次から次へとおいしいお酒や肴が出てくるので、感動でした。
 
最後に、DISARONNOのアマレットリキュールでつくってくれたアマレットジンジャーというカクテルが抜群においしく、生のレモンを入れてくれたのですが、それがすばらしく爽やかにしてくれて飲みすぎてしまいそうでした。
 
お酒は夜の印象が強いですが、お昼からゆっくり肴をつくりながら、お酒をたしなむのもいいですね。
 
 
香水の舎  丹治未菜
2018.06.16 | リンク用URL