ラベンダーイースト便り

ラベンダーイースト便りとは、ファンクラブ会報誌に掲載している特集です。バックナンバーをこちらでご覧になれます。

2014年冬号 Letter from Lavender Rast ラベンダーイースト便り「ラベンダーイーストの魅力」

 今回のラベンダーイースト便りはラベンダーイーストの魅力を改めてご紹介します。

夕張山地とラベンダー

風香る丘から

 ラベンダーイーストの一番の魅力は14haの広大な土地に植えられたラベンダーの風景です。富良野地域にはたくさんのラベンダー園がありますが、目の前に紫色の海があるかのような風景はここラベンダーイーストでしか味わえません。平坦な土地にあるため、その広さをより実感できます。また、東に十勝岳連峰、南に夕張山地が見え、ラベンダーと山々が作り出す風景もここだけの特別な景色です。展望デッキや遊歩道、「風香る丘」という小高い丘もあり、見る場所によって様々な風景を楽しむこともできます。

紫の海のようです

ラワーレの舎

夕日に染まり深い紫に変わります

 ラベンダーイーストは2009年にオープンし、今夏で6年目を迎え、たくさんの花人を迎えてきました。意外にもまだラベンダーイーストのことを知らない花人の方も多く、時間帯によっては人混みが無く、ゆったりと過ごしていただくことができます。彩りの畑に代表されるような色鮮やかな花々はありませんが、一面のラベンダーの海を眺めながら、のんびりと時を過ごせるという一味違った魅力があります。「ラベンダーを独り占めしているみたい」、「ずっとここでのんびり眺めていたい」という声を毎年いただき、年々その声が多くなってきているように感じます。
 ラベンダーイーストの魅力をたくさんの花人に知っていただけるようにこれからもこの風景を守っていきたいと思います。

駐車場までラベンダーに囲まれます

 ラベンダーイーストでは、ラベンダーバスという座席付きのトレーラーをトラクターで索引し、ラベンダー畑の中をのんびり周遊する体験ができます。
 日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語でアナウンスが流れ、ラベンダーイーストについての説明を聞きながら、約15分でラベンダー畑をまわります。ラベンダーバスの走行位置によって少しずつ景色が変わっていくのが魅力のひとつです。また、トラクターの車体は淡いラベンダー色に塗装され、訪れた方から多くの好評をいただいています。
 ラベンダーバスはここラベンダーイーストでしか乗ることができませんので、ファーム富田にお越しの際は是非ラベンダーイーストにも足を延ばしていただけると幸いです。